HapeのSmile子育てブログ from UK

---娘はじゃじゃ馬、息子はアトピーとアレルギーに発育遅れ?!---    日々のことから、育児情報など

アトピー

息子のアトピー、生後8ヶ月から1歳まで

2016/04/19

前回の投稿で息子のアトピーについて書きました。

生後8ヶ月頃、いよいよ代替療法のプロ中のプロに相談に行くところまで。

 

「代替療法なんてうさんくさい」と思う方もいらっしゃるでしょうが、

気になる方は読んでみてください。

それではつづきです↓

 

いよいよ相談会へ

私もギリギリの状態、そこへ手が差し伸べられた…

私が普段から使っている代替療法を簡単に説明すると

極力薬は使わず、本人の自己治癒力を高めるフォローをし

治癒に導くという考え方です。

 

それまで私がやってきたことも、無駄にはなっていなかったと思いますが、

止まらないジュクジュク、そして痒みが強すぎて手が動けば掻きむしるという状態。

その他、ウンチは授乳のたびに(2.3時間おき)している印象でした。

 

生後8ヶ月ならば多くの赤ちゃんは首はすわり、一人座りができ

両手を使い始める時期ですが、息子は首はぐらぐら一人座りもおぼつかない状態で

アトピーが良くならない限り発達がどんどん遅れるのではないかと悩み

(私が悩んでもしかたのないことですが)、他の同じくらいの月齢の子を見ると

とてもかわいいのですが、ついため息が出てしまう。遠い目で眺めてしまう。。

そのうえ上の子は魔の2歳。。。

そんな、疲労困憊して心が参っていた頃でした。

息子約8ヶ月

息子約8ヶ月

 

ちょうどプロ中のプロである先生に診てもらえるというチャンスが訪れました。

普通ならば、日本で3・4ヶ月待ちの先生です。

色々なタイミングが重なり、とても幸運だったと今でも思います。

まさに『手探りで真っ暗闇を泣きながら彷徨っている時に

一筋の光が見えた』そんな印象でした。

 

相談会へ

このチャンスは逃してはならないと思い、即予約をいれました。

ロンドンでの相談会でしたが、私の住むウェールズの町からは車で約5時間。

娘はちょうどお義母さんたちとキャンプでいませんでしたので

旦那の運転で、3人で向かいました。

 

そしていよいよ相談会です。

相談会は1人1時間。質問は多岐にわたります。

私の家庭環境、息子を妊娠したときの家庭環境、今まで取ってきた薬、

出産時の様子。夫の取ってきた薬などなど。

このような息子を取り巻く環境が、息子の体質を作り上げているわけで

そこから探っていく必要があるのです。

 

先生は大変経験豊かな先生で、息子を数分見ただけで

普段の体質や、状態をすぐ理解してくれます。

 

診断結果ですが、正直予想外なお話しでした。

肌のトラブルはカルシウムが足りてないことが多い。

でも、それよりも首がまだグラグラしていることの方が心配なので

まずは骨のサポートを優先してやっていきましょう。

と言われたのです(その他細かいことも言われましたが大まかにはそんな感じでした)

 

私はずっとアトピーのせいで発育が遅れているのだと思っていました。

しかし、その先生曰く骨がしっかりしてくればアトピーは良くなっていくだろう

ということでしたあくまでも私の息子の場合です

 

「はぁー、そういうものかぁ」と思いつつもう後には引けないので

アドバイス通りに治療をすすめました。

 

その他、常に使っていたのは保湿用のオイントメント(なるべく原材料の数が少ないもの)と、

カレンデュラクリーム、オーツ麦成分の入ったクリームは1日に2回程度塗っていました。

 

Sponsored Link

相談会から1ヶ月~

新たに治療を進めて1ヶ月、もう目に見えて変化が現れました。

息子生後9ヶ月

息子生後9ヶ月

頬のジュクジュクは、相談会後1週間程度できれいになり始め、

体全体も落ち着いてきたのです。首もしっかりしてきました。

何より、本人の表情が変わってきたことが嬉しかった。

それまでは私は肌のことばかり心配で、息子が娘の時に比べ

無表情だったり、静かだということまで対処していられませんでした。

それが、息子の目が生き生きとしてきたのです!

 

約1ヶ月でskypeで定期健診を受けましたが、

首がしっかりしてきたこと、表情の変化にとても喜んでいただきました。

生後8ヶ月半

生後9ヶ月半

そして相談会後1ヶ月半頃には

マルコメだった前頭葉から1mmほど髪の毛が生えてきました。

 

ここまでくると、もう私も大分安心しました。もう以前のように

悪くなることはないだろうと。

 

そして10ヶ月半。肌に潤いがもどってきました。

赤ちゃんのプルプル肌にまた会えました!

ずっとギュッと抱きしめることができなかった頬ずりなんかもってのほかだったのが

やっとやっと出来るようになったのです!本当にうれしかったです。

息子生後10ヶ月半

息子生後10ヶ月半

 

 

現在1歳3ヶ月

今では見ただけではアトピーと診断されたとは思えないきれいな状態です。

掻き毟り防止用のミトンはもう寝る時しか付けていません。

日中はほとんど掻くことに邪魔されることなく、おもちゃであそび

つかまり立ち、伝い歩きをしています。

 

発育に遅れがありますが、とりあえずアトピーは本当にきれいになりました。

私の心も少し柔らかくなりました。

息子1歳3ヶ月

息子1歳3ヶ月

 

 

長くなりましたが、読んでいただいてありがとうございます。

 

ここでは代替療法と名前を伏せて書いています…

賛否両論あるのでここで書いてしまう自信がありませんでした。。

今後その自信が出てくるといいのですが。。。

 

 

(2016/04/19)追記:
この記事にコメントもいただいたのですが、私の書き方が悪く少し違うように伝わっている部分があるようなので補足します。

息子は生後8ヶ月の時に”プロ中のプロの”先生に診てもらうまで何もしてなかったのに
その先生に診てもらって1週間で急にきれいになった」というわけではありません。

プロ中のプロの先生に診てもらって1週間後劇的にきれいになり始めたのは確かです。が
脂漏性湿疹が出始めた生後2ヶ月のころからずーっとこの代替療法で対処しています。
その都度症状も移り変わり、そのたびに新しい処方で対処していました。

これをしていなかったら、プロ中のプロの先生に診てもらったとしても、きれいになるまでには
同じようなプロセスをたどり、綺麗になり始めるまでにはもっと長い期間かかっていたことと想像しています。
ベースの治療が済んでいたからこそ、先生の処方ですぐ変化が出たのだと思っています。

記事中に「それまで私がやってきたことも、無駄にはなっていなかったと思いますが、」と書いているのはそういう意味でしたが
これは想像にすぎませんので特に詳しくは記事には書きませんでした。

しかしこれが、とても悩んでいる方が読むと「1週間ですぐ効いた」というように
とても期待をさせてしまうようにもとれてしまうようなので、それは少し申し訳なくここに補足しました。

アトピーになった原因も人それぞれ違います、処方も違います。
この代替療法は症状を抑えるためのものではなく治すための治療をします。なので時間はかかります。
息子もまだ背中や足には少し湿疹があります。まだ完全には治っていません。

それでも、私はこの方法が一番体にはいいと思って使っています。
これからも使い続けます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-アトピー