HapeのSmile子育てブログ from UK

---娘はじゃじゃ馬、息子はアトピーとアレルギーに発育遅れ?!---    日々のことから、育児情報など

私事 結婚、ビザ

イギリス人と国際結婚part 1

2016/07/26


誰も興味はないかもしれませんが
書きたいので書きます。

でき婚?!

私は妊娠→結婚→渡英し旦那と暮らし始めるという、傍からみると
できちゃった結婚なんですが、詳しくはちょっと違うのだと言いたい
そんな流れでイギリスに来ました。

というのは、ずーっと遠距離で6年くらい付き合っていたのですが
私が仕事熱が冷めたのもあり、そろそろ結婚しちゃうかなぁーと思って、
旦那が初めて日本に来るときに両親に(離婚しているので、別々に)
会ってもらうことにしました。

母は会ったことがありましたし、私も散々話をしているのでもちろんOK。
父も存在は知っていましたし、色々旦那について質問もメールでされましたが
基本的に強く言える立場でなくw、まぁ旦那も特にこれと言って素行が
悪くもなさそうだということで「幸せになってね」ってことでした。

そんなわけで、結婚する報告を兼ねて旦那が(まぁ当時は彼氏でしたが)
日本に旅行に来たときに娘を身ごもったということで。。
それが2011年12月下旬でした。身ごもる過程はやっ

だから私の中ではいわゆる「できちゃった結婚」ではないのです。
できたから結婚を決めたわけじゃないんです。

何となく「できちゃった結婚」=まずいことというイメージがあるので
つい言い訳してしまいます。

一度イギリスへ

とは言っても、妊娠を自覚するまではそんなこととはつゆ知らず
いつイギリスに行くか考えていました。

まずビザを取らなければいけないという大きな課題がありましたが
当時はあまり調べもせず、イギリスに行ってから向こうで結婚したら
取れるだろうくらいに思っていたので、イギリスへ行くチケットを予約しました。

日程はちょうど、実家を売り払う時期だったのでそれにに合わせ
5月に取りました。往復で買いましたが、帰りの便はキャンセルでもして
イギリスにずっと留まるつもりでした。

そして、派遣のバイトをしたり彫金教室に通ったりして
気ままに過ごしていたのですが、2月中旬くらいになり
バイト先でインフルエンザが流行りだしました。

私もその後微熱が出たと思ったら、それから体調がおかしくなりました。
『バイト先でウイルスもらってきたかなぁ』と思っていたのですが、

数日続き、どこかいつもの風邪とは違うなぁと思いはじめ色々考えていると
生理がちゃんと来ていないことに気づきます。『つわりか?!』

そこで妊娠検査薬を買わなくちゃと思ったのですが、
薬局などで買うのは、なんだか恥ずかしくてネットで注文。

数日で届き、1本目を恐る恐る試してみると、、、陽性!
『わっわっわ、まじか!わー妊娠しちゃったよ』と始めは正直
嬉しいとか喜びとかじゃなく、若干焦りました。

というのも、旦那(当時:彼)が日本に来た時に、子供についても話していて
私「子供ほしい?」旦那「もちろんほしいけど、今すぐにってほどじゃないかな」
というような会話をしていたので、少し反応が心配でした。

もちろんおろす気はなかったですが、旦那にメールで報告。
「妊娠したかも」と。そのメールに「かもってどういうこと?!」と
いう返事が。

こういう返事が返ってくるとは思わなかったものの
「まだ検査薬をつかっただけで、検診行ってないから」と説明。

「まぁ99%妊娠してると思うけど、どういう心境?」と聞くと
「びっくりしたけど、嬉しいよ」ということで、まぁ安心。
でも、私自身実感はありませんでした

当時は、母親が再婚し実家を出ていましたので
私は実家で一人暮らしをしていました。その頃やっていた派遣の
バイトは調理補助のバイトで結構力仕事だったり、滑りやすい現場なので
やめさせてもらいました。

つわりと闘いながら、一人で買い物したり料理したり
ある時は、買い物中に血糖値が下がり、目の前が真っ暗になって
目が見えなくなるって恐ろしい経験もしました。

運よく、周りにいた方たちに介抱され、無事またひとりで家に帰りましたが
一人暮らしは、体調崩した時に大変だというのを初めて実感しました。

そしてイギリス出発の約1週間前くらいだったでしょうか、彼からメールがあり
「ちょっと家の修理間に合わない、こっちに来て2週間くらいは俺の母親の家で
寝泊まりしないとならない」という恐ろしいメールが。。

覚悟も何にもしていなかった、お姑さんとの同居
しかも、お姑さんの彼氏つき!!

そんなこんなでしたが、イギリスに行く直前には母が来てくれて、
空港まで見送ってくれました。

ビザ取得も出産もイギリスでするつもりで、引っ越し荷物もすべて
イギリスに送っていましたので、身一つで渡英しました。

誤算

さぁ、妊娠しているものの旦那(当時:彼)と新しい生活が始まるぞー
っと思いきや、いきなりお姑さんと生活をするという、
しかもお姑さんの家に居候という、とにかく居心地の悪い状態。。

英語もまだ慣れておらず、何を手伝っていいのか質問するのもままならず
イギリスの家の普段の生活習慣もわからず、
寝室に閉じこもってビザ関係の情報集めをする毎日でした。
(↑役立たずな、暗い嫁だっただろうなぁw)

そうして調べること数日、自分だけで調べてもよくわからなかったので
イギリスにオフィスがあるビザ申請代行会社に電話で質問することにしました。

するとまぁ、単刀直入にいうと「今の状態から、イギリスのビザを取るのは無理」
ということでした。旅行者ビザで入ってきて、結婚するのはダメとかだったかな。

がーん。。

甘くみてたー

Sponsored Link

方法としては、とにかく一度日本に帰り、婚約者ビザを取るか、
結婚してから配偶者ビザを取る方法か2択だと言われました。

でも、結婚(籍を入れる)をしてから配偶者ビザを取る方が
お金も時間も半分で済むからとそちらをすすめられました。

というわけで、始めの渡英は誤算だらけに終わり、結局日本に
帰ってくることにし、出産も日本ですることに決めました。

国際結婚って面倒くさいと本当に思います。

次へつづく。。

こうやって書いていくと、書きたいことがもりもり出てきて
一回では長くなってしまうので、今回はこれで切ります。

色々思い出しながら書いていると、いろんなことが思い出されて
結構疲れますw

Sponsored Link

人気ブログランキング

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-私事, 結婚、ビザ